顔ニキビの治し方は、簡単ではなく、まずは原因が分からないと改善することは困難です。原因が分かってから、対処するというのが顔ニキビの正しい治し方です。顔ニキビ跡ができてしまっている場合は、まずその原因を探り、軽症のうちに直すよう努めなければなりません。症状が軽い段階で原因を特定し、対処していくというのが、顔ニキビの治し方として理想的です。顔ニキビ跡は放置するとクレーターとして残ってしまうので、肌を少しずつ改善していかなくてはなりません。顔ニキビをしっかり治すには、専門の指導を受け、食生活などを改善して治してくのが一番です。適切な食事指導や、皮膚に必要な構成物質、アミノ酸、ビタミン、ミネラル類をバランスよく摂ることが大事になってきます。自宅での顔ニキビの治し方としては、洗顔の中でピーリング石鹸を使用して洗顔すると良いでしょう。ただ、炎症を起こしている場合は、美容外科などで、ケミカルピーリングを受ける必要があります。イオン導入やビタミンC誘導なども有効な治療法です。顔ニキビやおでこのニキビは、雑菌が繁殖しないよう、汚い手で触わらないようにしないといけません。常に清潔をすることが大事です。